「今度ライブに一人で行くんだけど、ぼっち参戦が初めてで不安・・。」

 

大好きなアーティストのライブに行けるって凄くうれしい事ですよね。抽選チケットが当たった時の感動はたまりません。

 

そこで、私はよくライブに一人で行くのですが「ぼっち参戦」に対して不安を抱いている方はとても多いですよね。

 

確かに今でこそ一人で物販もチケット入場も空き時間の暇つぶしも悠々自適に過ごせますが、初めて一人参戦が決まった時は寂しくて不安しかありませんでした。w

 

一人で行く場合の雰囲気や待ち時間の過ごし方、物販など分からない事ばかりで不安が尽きないですからね。

 

という訳で今回は私の体験談も含めて「ライブに一人で行く&参戦が初めてで不安な方へ!心得と準備について」をまとめさせて頂きました。

 

<この記事で分かること>

● 一人で行く時の心得、過ごし方、雰囲気

● 一人参戦の時の周りの目について

● 一人で行く時の物販、会場入りの攻略

● ぼっち参戦の時の持ち物、準備について

スポンサードリンク

ライブに一人で行く時の雰囲気、心得、過ごし方について

それではまず、ライブに一人で行く事に対する心得と過ごし方、当日の雰囲気についてお話させて頂きますね。まず

 

 

3人に一人はライブに一人で行くと言われてるほど一人参戦の方かなり多いです

(本当に目を疑うほど一人で参戦されている方は多いですヨ)

 

 

なので「自分だけ一人だ!」という事はありえませんし、みんな一人でスマホを眺め、当日のアーティストの曲を聴いたり、パンフレット見入ったり、各々が楽しそうに自分の世界に入っています。w安心して下さいね。

 

 

そして、アーティストのライブは同志(同じファン)には皆とても親切で優しいです。

 

 

例えばこの前私はV系バンドのライブに一人で行く事になり行ったのですが遠征だったので迷子になったんですね。

 

ですが、V系はファン(同志)がとても分かりやすいので(なぜなら大体みんな黒い服着てるからw)、私が挙動不審にオロオロしていたら「○○のライブ行く人ですか?会場はこっちですよ!」と声をかけて下さいました。

 

で、このような事は本当に「ライブあるある」なんです。迷ってる人いたら声かけるし、何か聞かれたら気持ちよく教え合うのが普通なんですね。

 

私もよく現地で「整理番号が1000なんですけど・・」と聞かれたらい「1000はあっちですよ!」と答えますし「トイレ分かりますか?」と聞かれたら答えますしね。皆優しいです。

 

もちろん、関係ないアーティストのファンだったらこうも行きませんw

 

AKBの握手会のために幕張に行って迷子になったとして、そこでワンオクのライブに来ている人に「AKBで整理番号が100なんですけど・・」とか聞いても「いや、知りません」となります。w

 

でも同じ応援するアーティストのライブに来ている同志(ファン)だったら凄く親切です、みんな。

 

特に一人参戦している方には同じく一人でライブに来ている方なんかはとても優しいです。

 

ですから、とても暖かい雰囲気なので不安がる事はないですよ。

ライブは基本的にアーティストとファンで創るものなので、みんな支え合いの精神なんです。

演奏中も誰かケガしたり転んだら必ず誰かが手を伸ばしますしね。^^

 

もし何か困った事があれば近くにいる係員さんに言えば親切に助けてくれます。

ドンを構えてアーティストの事だけ考えて当日は行きましょう!大丈夫です!


ライブ当日の流れ

それではライブ当日の流れについてです。ライブの流れというのは基本的に以下の通りになります。

---------------------

グッズ販売に並ぶ

(ライブによるが午前からが多い)

グッズを買う

(人気アーティストなら1時間~2時間並ぶ)

物販後、開場までの空き時間に

ご飯を食べる、トイレ行く、着替える

スタンディングは開場前に整理番号順に並ぶ

(指定席なら適当に開場してから入ればOK)

開場

開演まで待つ

開演

---------------------

 

基本的にこのような流れになります。

そこで、ライブに一人で行く時にぼっちになってしまうのは

「グッズ販売に並ぶ時」と「グッズを買ってから開場までの空き時間」「開場してから開演までの待ち時間」ですね。

 

グッズ販売の過ごし方

ライブで一人の時の過ごし方ですがまず「グッズ販売」の時はもうスマホになります。私も他の人もずっとスマホを触ってます。

周辺の写真を撮ってツイッターやインスタに上げてみたり。ライブに一人で行く方とSNSでやり取りしたり。

ライブに二人組で来ている人たちも何十分、1時間、2時間といれば話す事が無くなってくるし疲れてもくるので結局無言でスマホになっていますね。w

 

なので、ライブのグッズ販売に一人で行く時はスマホとお気に入りの小説でも1冊持っていけばよいです。

並ぶ時間も当日の会場の大きさやアーティストにもよりますが1時間の待ち時間はザラなのでモバイルバッテリーとイヤホンは必須になります。

 

開場までの空き時間

そして「グッズ販売から開場までの空き時間」ですがこれはもう近場のカフェへ行く人もいれば会場付近をウロウロする人もいますし、ファミレスで開演ギリギリまでドカドカ食べてるヤツもいます。(私w

 

これは当日の物販の流れや、余っている時間にもよります。トイレに行ったりご飯食べるだけで時間ギリギリの時もあればご飯食べてから1時間以上暇を持て余す事もあるからなんです。

 

ただ指定席の場合は開演までダラダラと出来ますが、スタンディングの場合は開場の30分前くらいから整理番号順に並ぶ事になるので近くのコンビニやカフェで腹ごしらえをしたら迷子にならないよう出来るだけ開場周辺で待機しましょう。

 

この時も一人でライブに行く人は各々で開場周辺でスマホをいじったり音楽聞いたりしていますね。

 

私は当日のアーティストのインスタやツイッター、ブログをチェックしたりして過ごしています。

また、スタンディングの場合はこの空き時間でトイレに行くようにしています。

開場してから開演まで

そしてスタンディングの場合、個人的にですが開場してから開演までの1時間が地味にキツいです。

始まってしまえば疲労も吹っ飛ぶのですが朝からグッズに並んで・・開場待ちして・・そしてまた開演を待つというこの時間はちょっと足に傷みが来ます。orz

アーティストのHP見たりしていれば時間は過ぎますが、時間経つのが一番遅く感じるのはこの時ですね。

この時にスマホのバッテリーが無いと不安になります。なのでこの頃に充電が50%は残るようにしておく事をおすすめします。

指定的の場合は座って待って入れるので楽ちんです。

ライブに一人で行くと浮く?

そして、ライブに一人で行くと浮かないかな?とか変な目で見られないかな?と思う方もいますよね。

ですが、上記にも書いた通りライブに一人で行くという人は多いので何とも思いませんよ。普通です!

 

アーティストによっては一人参戦の方が良い場合もあります。

 

ファンが10代だったり若い子が多いライブだと2人組が多いですけど、ファン層が20代越えてくると一人参戦の割合はグっと上がります。

 

先日とあるアーティストさんのライブに一人で行く事になった時も回りはほとんどぼっち参戦でした。

 

もうグッズ販売からライブ中もみな自分のアーティストの事で頭がいっぱいで周囲なんて見てないし、一人が当たり前だし普通なんです。

なので、ライブに一人で行く事で周りの目を気にする必要はありませんよ。一人参戦は全然普通ですからね!

スポンサードリンク

オールスタンディングと指定席の違いについて

そしてオールステンディングと指定席の違いについてよく分からない方もいますよね。ご説明しますね。

指定席とは

指定席のライブというのは「見る席が決まっている」ライブです。

何時に開場に入っても見る場所は変わりません。開演までに席に着けばよいです。

なので最悪ライブ開始時間に間に合わなくても自分の席が取られてる事はありません。←

整理番号順に並ぶという事もありません。

オールスタンディング

スタンディングは「見る場所を自分で決める」ライブだと思って下さい。

完全に自由に決められる訳じゃありませんが椅子席がないので整理番号順に入ったらあとは好きな所で見ます

気合いで前の方に行く人もいれば後ろに下がる人もいます。

自分より番号が後ろの人に抜かされる事ももちろんあります。

ライブに一人参戦! 物販、会場入りの攻略法!

それでは次にグッズ販売やチケット入場、会場入りについてです。初めて一人でライブに行くという方は参考にしてみて下さいね。

 

グッズ販売について

グッズ販売についてですが会場限定グッズや欲しいグッズがある場合は1時間~1時間半前から並ぶようすると良いです。

本当に熱狂的なファンの方だとテント張って夜中から並んだり早朝から並ぶ人もいます。

ですが、だいたい1時間前には行って並んでおけば問題ありません。(ただ人気グッズは売り切れる事もあります

そしてライブの物販はお店のように商品を入れる袋をくれません。

品物をそのまま手渡されるので購入したグッズを入れるトートバックやリュック等は必須になります。

 

もし特に欲しいグッズが無ければ、一人参戦で長い時間並ばなくてもライブ終了後に買いに行いけますので、それでもいいと思います。

ただ、人気なグッズは売り切れている場合が多いです。気をつけて下さいね。

 

一人参戦の時に困るのはグッズ販売の列に並んでいてトイレに行きたくなった時などです。

なので並ぶ前にトイレは済ませておいて飲み物も飲み過ぎないように注意が必要です。

 

また、暑い時期は帽子や日傘が必須です。炎天下の下でグッズ販売の日は熱中症で具合悪くなる方が本当に多いです。

私はいつも帽子とタオルとポカリと日傘を持っていっています。

寒い時期は防寒をしっかりしましょう。冬の朝に並ぶ時などは本当に辛いです。

カイロを用意したりインナーをしっかり着て対策しましょう!

会場入りについて

ライブに一人参戦する時の会場入りについてですがオールスタンディングなら基本的に開場の30分前には行くようにしましょう。

そしてコーンや張り紙をみておおよそでいいので自分の整理番号のところに並びます。

そして分からなければ周りの人に「この列何番くらいですか?」と確認をしていき、並びます。

そしてチケットが紙の場合はもぎりと言ってチケットを持って整理番号順に並んでいれば係員さんに順番にチェックされます。

そのまま入場してクロークに荷物を預けてしまえばOKです。

ドリンク代として500円が必要な場合が多いので500円はポケットに用意しておきましょう。

 

QRコードチケットも同様に整理番号順に並び、入る時にスマホを確認されます。

そしてそのまま確認が取れれば入場⇒荷物預ける⇒見る場所へ行く、という流れです。

 

指定席の場合は始まるまでに席に着けば良いです。スタンディングよりはずっと気楽ですよ。

整理番号順に並ぶという事もないので開演までに会場へ入るようにしましょう。

そしてクロークに荷物を預けましょう。

トイレについて

ライブに一人参戦時のトイレのタイミングについてですがスタンディングなら開場前にトイレを済ませます。

なぜかと言うと、スタンディングは「自分の席」が無いので開場してからトイレに行くと自分よりも整理番号が後に人にどんどん前の方を取られてしまいます。

会場のトイレの列も長い事が多いので早めに並んで済ませておきましょう。

 

指定席の場合は開場してからトイレに行っても問題はありません。

ただ会場内のトイレは混雑しているので早めに行くようにしましょう!

ドリンクについて

ドリンクですがペットボトルの場合とコップの場合とあります。

指定席なら自分の席に飲み物も荷物も置いておけますがスタンディングだとそう行きません。

 

スタンディングの場合にプラコップしかもらえない場所なら開演前に飲み切るかライブ後に受け取りに行きましょう。

もしくはペットボトルを持参しましょう!

 

ペットボトル持参や受け取る場合はネックホルダー、ドリンクホルダーがあると重宝します。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) カラビナ付ペットボトルホルダー(…
価格:1045円(税込、送料無料) (2018/2/5時点)

↑こちらはよくZeppで貰えるカラビナ付きペットボトルホルダーです。

愛用者が多くフェスやスタンディングではよく見かけるタイプです。

 

もしくはペットボトルがすっぽり入るようなポケットがあるズボンがおすすめですよ。
※ショルダーバックやポシェットは会場によっては危ないです。モッシュやダイブがあるようなアーティストの場合は止めましょう。

荷物について

オールスタンディングの場合は必ずクロークに荷物を預けましょう!

小さな手荷物でもバッグでも開場に持っていくのはよくありません。

やはりどうしても邪魔になってしまいますし、危ないですからね。

 

指定席なら基本的に自分で荷物を管理する事がほとんどなので大丈夫です。

 

ただロッカーは小さい事もありますし、クロークで預かる荷物の大きさに指定がある場合もあります。

荷物はできるだけ最低限におさめましょう。

ライブに一人で初めて行く場合の心得と持ち物まとめ

それでは最後にライブに一人で行く場合の心得と持ち物についてまとめさせて頂きます!

 

~心得~
● 一人でライブに行く人は多いので大丈夫!

● ファン同士は優しいので安心して良い!

● 困ったら近くの人、係員に聞けば良い!

● ライブの事だけ考えて楽しめばいい!

 

~持ち物~

● 防寒対策、暑さ対策をしていく!

● 物販は1時間前には並ぶと良い!

● 買ったグッズを入れる用のバッグorリュックを持っていく!

● スタンディングなら30分前には会場へ!

● 指定席は開演までに席に着けばよい!

● スタンディングならトイレは開場前に行く!

● 指定席なら開演までにトイレへ行く!

● 500円をドリンク代で用意しておく!

● 荷物は必ずロッカーへ!

● ペットボトル用のドリンクホルダーがあると良い!

● ライブ中はとても暑いので動きやすい服装でいく(トイレで着替えたりする)

● 飲み物がプラコップしか貰えない事も考慮しペットボトル持参(スタンディングの場合)

● タオル必須

● 靴はスニーカー

● 髪の毛はしっかり結ぶ

● モバイルバッテリー必須

● イヤホン(暇つぶし用)

 

このような感じですね。とにかく身軽に最低限の荷物で行きましょう!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

初めてのライブに一人で行くのはとっても不安だし心細いその気持ちは分かります!

ですが一人参戦の方はとても多いですし1回経験してしまえば「こんな楽だったのか」と感じてしまいますよ^^

あまり気にせずライブを楽しんできてくださいね!

 

スポンサードリンク