「結婚式へ持っていくサブバッグって普通のバッグでいいの?」

 

結婚式にお呼ばれされると嬉しい反面、ドレスを用意したりヘアセットしたり女性は準備がと~っても大変ですよね。

 

また、女性はパーティーバッグがとても小さく袱紗や御祝儀やその他の荷物が入らない!なんてこともありますよね。

 

そこでサブバッグという物がありますがこのサブバッグもマナーがややこしく「この普通のバッグを持っていっていいのかな?」と不安になってしまいますよね。

 

という訳で今回は「結婚式サブバッグで式場へ預ける物が普通のバッグだとマナー違反?」についてご紹介させて頂きます!

 

<この記事で分かること>

● 式場へ預けるサブバッグについて

● サブバッグは普通のバッグでよいか

● 結婚式のサブバッグのマナー

スポンサードリンク

結婚式のサブバッグで式場に預けるバッグはどんなの?

それでは早速結婚式で式場のクロークへ預けるバッグについてご紹介させて頂きますね。

 

クロークへ預けるバッグにマナーは特にないので、手持ちの普通のバッグで大丈夫です!

 

また正確には、結婚式場のクロークへ預けるバッグはサブバッグとは言いません。^^

 

結婚式のサブバッグは会場内に持ち込まなけれならない荷物でパーティバッグに入らなかった荷物を入れるためのフォーマル用のサブバッグの事を表します。

 

―結婚式のサブバッグの定義―

クロークに預けるバッグ

会場内に持ち込むパーティバッグとは別のもう1つのフォーマル用バッグ

 

ですので、クロークに預ける普通のバッグにサブバッグの「紙袋はNG」ですとか「カジュアル過ぎはダメ」等のマナーは関係ありません。

 

なので、クロークに預けるバッグならブランドの紙袋でも、手持ちのハンドバッグでも、旅行バッグでも、キャリーバッグでも、派手なロゴの入ったバッグでもお好きな普通のバッグで大丈夫です。

 

会場へ預けるバッグがフォーマル用のサブバッグである必要はないので、ほとんどの人は手持ちの普通のバッグを持ってきています。

 

なので気にせずそのままお手持ちの普通のバッグをクロークに預けるように準備して持っていけば良いですよ。

 

ですがクロークへ貴重品を預ける事はできないのでご祝儀、ふくさなどは自分で持って会場内へ入ります。

 

その場合に、お手持ちのパーティバッグにご祝儀、携帯、メイク道具、貴重品など会場内へ持ち込みたい持ち物が全て入る場合はサブバッグを用意する必要はありません。

 

ですがパーティバッグには入らない場合は、会場内へ持って行くためのフォーマル用のサブバッグを別で用意する必要があります。

 

基本的に、ほとんどの人はクロークに預けるバッグにサブバッグ、パーティバッグ、その他必要な持ち物を入れて

 

クロークに預ける前にサブバッグ、パーティバッグ、貴重品、など必要な物をバッグから取り出して、残りの荷物をクロークへ預けてから会場内へ入ります。

 

もしサブバッグをご用意する場合は次にサブバッグについて説明していますので参考にして下さい。

 

ポイント

式場によっては挙式の後でないとクロークに荷物を預けることが出来ない場合があります

その場合は式場へ持ち込まなくてはいけなくなるので、式場に確認しておきましょう!

スポンサードリンク

結婚式のサブバッグは普通のバッグでもいい?

次に会場内へ持ち込むサブバッグは普通のバッグでもよいかお話させて頂きますね。

 

会場内へ持ち込むサブバッグはフォーマル用のサブバッグでないとマナー違反になります。

 

結婚式の披露宴会場などに持ち込むサブバッグは普通のバッグではNGです。

 

きちんとフォーマル用の以下のようなサブバッグを用意して必要な物を入れ会場内へ入ります。

 

このような結婚式用のフォーマルサブバッグは会場の外では通常使わない、ご祝儀やふくさを一時的に入れて持ち歩くためのバッグになります。

 

このようなサブバッグを普通のバッグで代用した場合はマナー違反ですし、紙袋もブランドバッグもマナー違反になります。

 

普通のバッグや紙袋の人もたまにいますが、全身おしゃれをしたのに足元だけクロックスみたいなものなのです。

 

パーティバッグに収まるなら問題ありませんが、そうでなくサブバッグを会場内に持ち込まざるを得ない場合はフォーマル用を新調しましょう。

 

もしくは、荷物が全て入る大きさのパーティバッグを新調しましょう。

フォーマル用サブバッグの選び方

次に結婚式のフォーマル用のサブバッグの選び方をご紹介します。

 

サブバッグは基本的には光沢のある素材(サテン素材、シャンタン素材など)を選びます。

 

カジュアルすぎるビニール素材や綿素材などは避けます。

 

また、アニマル柄、爬虫類柄、ファー素材、キャラ物、スカルなど派手なデザインのサブバッグも結婚式には避けます。

 

出来るだけシンプルで無地な結婚式に合うような明るい華やかなパステルカラーのサブバッグを選びます。

(ただし白は花嫁の色なのであまりおすすめしません。)

 

またサブバッグの大きさはA4サイズ程が大きすぎず小さすぎず丁度いいです。

 

ですが、出来るだけ小さい方が良いのでA4よりも大きいサイズにする事は避けましょう!

結婚式のサブバッグは黒でもいい?

次に結婚式のサブバッグの色についてお話させて頂きます。

 

原則、喪をイメージするため黒も結婚式には良くないと言われてきました。

 

ですが最近は黒のサブバッグを持ち歩いている方はとても多いですし、通販サイトでも黒は多く売られています。

 

新郎新婦がどこまで気にするのかにもよりますが、華やかなデザインであれば問題ない場合がほとんどです。

 

ですが結婚式会場は新郎新婦だけでなく、その親戚、親など幅広い世代の人たちが集まるので明るい色の方が無難ではあります。

 

それでも黒のサブバッグしか用意できない場合はコサージュ等を付けて華やかにしたり、新郎新婦に確認をするなどしましょう。

チャペルにサブバッグは持っていってもいい?

チャペルにサブバッグを持っていく事は原則できないマナーとなっています。

 

チャペルに持ち込めるのは原則小さなパーティバッグのみです。

 

ですが現在はフォーマル用のサブバッグでしたら持ち込みOKな式場も増えています。

 

チャペルにサブバッグはは原則持っていかない事が一般的な認識ですが、どうしても事情がある場合は式場に確認してみましょう。

 

もしくは、必要な荷物がきちんと収まるサイズのパーティバッグを新調しなおすのも一つの手です。

 

いずれにしてもチャペルにサブバッグは持ち込めない事が多いので事前にしっかり確認をしておくとよいですね。

結婚式のサブバッグのマナーについて!

最後に結婚式のサブバッグのマナーについてご紹介させて頂きますね。

 

基本的には会場内へ持ち込む荷物は最小限に留めましょう。

 

またサブバッグも女性なら化粧直し等あり仕方ない部分もありますが、原則はパーティバッグ1つがスマートで好ましいとされています。

 

ただ最近はサブバッグは多くの方が持ち歩いているので、問題ありませんが子連れ等の事情がない場合は以下のように最小限に荷物にする事をおすすめします。

 

ご祝儀、ふくさ、携帯、カメラ、貴重品、メイク道具、予備ストッキング、ヘアピン

 

上記のものは経験上サブバッグに入れて置くと便利なのでおすすめですよ。参考にして下さいね。

最後に

いかがでしたでしょうか?

結婚式の会場に預けるバッグについて、結婚式会場へ持ち込むサブバッグについてご紹介させて頂きました。

基本的にクロークへ預けるバッグでしたらリュックサックでもボストンバッグでも構いません!笑

ですが会場内へ持ち込むサブバッグはフォーマル用でないとマナー違反になってしまいますので気を付けましょう。

黒でも最近はほとんど問題がありませんが、できるだけ華やかな明るいパステルカラーの結婚式用のものがいいですね。

またチャペルにサブバッグを持ち込みたい場合は事前に式場へ確認しておきましょう!

また結婚式の会場内へ持ち込む荷物は出来るだけ最小限にしましょうね。それでは楽しんできてくださいね^^

スポンサードリンク