「入学式のサブバッグってどんなやつを用意したらいいの?」

 

もうすぐ入学式ですね!子供のお洋服や髪型を考えたりするだけでなく、母親(ママ)もスーツにバッグや靴を用意したりで慌ただしいですよね。

 

そこで入学式にはサブバッグが必要と言われています。

 

学校側から配布される資料、ファイル、紅白饅頭にその他諸々は小さなフォーマルバッグには入らないんですよね^^;


でもサブバッグってどんなサブバッグ用意したらいいの?

 

と悩んでしまいますよね。という訳で今回は「入学式のサブバッグの色は黒?母親たちはどんなバッグを持って行く?」についてご紹介させて頂きます!

 

<この記事で分かること>

● 入学式のサブバッグの色

● 入学式のサブバッグの大きさ

● サブバッグの色は黒でもいいか

● 入学式のサブバッグのマナー

 

スポンサードリンク

入学式の母親サブバッグはどんなのを用意するの?

それでは入学式の母親サブバッグはどんなバッグを用意すれば良いのかご紹介させて頂きますね。お色も参考にして下さいね。

 

入学式の母親のサブバッグは学校から配布される資料、スリッパ、カメラ、紅白饅頭、教科書などを入れるために用意します。

 

入学式ではこのように無地で極力シンプルな目立たないバッグを用意します。

 

ですが入学式の母親のサブバッグはお受験校でもなければ何でもアリと言っても過言ではありません

 

・トートバッグ

・エコバッグ

・百貨店の紙袋

・雑誌の付録

・手持ちの大きめマイバッグ

・100均のキャラクターバッグ

・レジャーで使う頑丈な鞄

・雑貨店の布バッグ

・マザーズバッグ

 

このように物が入れば本当に何でもありという感じでなんですよ。^^;

 

その名の通りサブで、教室から駐車場までの距離なので物が入ればまずは何でもよいとする母親が多いです。ですが

 

基本的には無地でシンプルな目立たない地味なサブバッグを用意します

 

その名の通りサブなので、あまりに派手なサブバッグだと入学式なのにメインバッグやスーツより浮いてしまい目立ってしまいます。

 

物が入れば何でも良いのですが、「あの人のサブバッグ面白いわね」なんていう視線を入学式に浴びないように無地でサブバッグらしいバッグを用意しておきましょう。

 

地味でシンプルな大きめのバッグがある場合は新しいものを買わずお手持ちのバッグを持っていっても問題ありませんよ。

 

ポイント入学式のサブバッグはこだわる人と、そうでない人とバッチリと分かれます。

フォーマル用をしっかり用意する母親もいれば、そうでない母親も沢山います。

スーパーのポリ袋の人もいますが保護者会や参観日などでサブバッグは重宝しますので、この機会にちゃんとしらサブバッグを手元に1つ置いて置くと心強いですよ。

入学式のサブバッグの色は?

それでは入学式のサブバッグの色についてご紹介させて頂きます。

 

基本的にサブバッグの色はメインバッグと同系色のバッグを用意します

 

ですのでベージュや白色スーツに黒色のバッグを用意したならサブバッグも黒色がいいですね。

 

紺、グレー、黒など落ち着いた色のスーツにベージュ、白など明るい色のメインバッグを用したならサブバッグも明るい色がいいです。

 

ですが、完全に同じ色にしなくてもスーツの生地に織り込まれている糸の1色と合わせてもいいです。ですが

 

基本的には靴、バッグなど小物類の色は統一させた方が全体のバランスは整います

 

なので手持ちバッグでなく新たに購入する場合はメインバッグの色と合わせた黒、ベージュ、白などがおすすめです。

 

そして無地で地味な極力シンプルなデザインのバッグを選びましょう。

 

みんな我が子の事でいっぱいで他人のオカンのサブバッグまで見ていませんが、気になる人は小物の色は揃えましょう。

スポンサードリンク

入学式のサブバッグの大きさは?

次に入学式のサブバッグの大きさについてご紹介させて頂きますね。

 

入学式のサブバッグの大きさはA4サイズ以上の物を用意します

 

こちらのようなA4サイズの封筒がすっぽりと入る大きさの以下のようなサブバッグがおすすめです。

 

A4で丁度よいサイズなので最低でもA4サイズにして、B5などのサイズは小さすぎるので選ばないようにして下さいね。

 

学校側から配布される持ち物だけでなく自分のスリッパ、化粧ポーチ、カメラ、携帯なども入れるので余裕のある大きさにしましょう。

 

また小さな子供がいる場合は普通より荷物が多くなってしまう事を他の母親も分かっていますので大きくなってしまう分には気にせず大丈夫です。

 

そしてサブバッグは折りたためるサブバッグがおすすめです

 

入学式の最中は折りたたんでフォーマルバッグに入れておき、使うときにになったら広げて使うようにします。

 

そうすると式の間も邪魔にならないので便利ですし、楽ちんです。

 

入学式の持ち物は本当に多いのでサブバッグは1つだけでなく2つ程持っておく事をおすすめします。

入学式のサブバッグの色は黒でもいいの?

次に入学式のサブバッグの色についてです。

 

入学式のサブバッグの色は黒でも問題ありません。

 

サブバッグはメインバッグと同系色がいいので、メインバッグが黒なら黒のサブバッグにしましょう。

 

また黒のサブバッグが個人的には普段使いもしやすく、冠婚葬祭に使えるので特におすすめです。

 

入学式だけでなく保護者会、参観日、子供の発表会、卒業式など様々なシーンで使えます。

 

「入学式に黒だと暗すぎる」と気になる方は濃い紺色のような色のサブバッグや白いサブバッグにしましょう。

 

その日のスーツの色、バッグの色とのバランスを見て合う色のバッグを選べばよいですよ。

入学式のサブバッグのマナーについて

次に入学式の母親のサブバッグのマナーについてご紹介させて頂きますね。

 

赤など派手な色

アニマル柄

爬虫類柄

ラメが強い

スパンコールが多い

スタッズが付いている

高級なブランドバッグ

入学式のサブバッグは基本的には何でもよいですが入学式はフォーマルな場なので上記のようなバッグはやめましょう。

 

子供主役な式典なので母親は控えめで行くという事が世間一般なマナーとなっています。

 

ブランドバッグの方も少数ながらいますがロゴが大きいものや一目見てブランドバッグだと分かるバックは避けましょう。

 

お買い物袋でも紙袋でも構いませんが上記のようなバッグを持っていくと

 

「あのお母さん常識を知らないのかしら」なんていう風に見られてしまいますので気を付けましょう。^^;

 

ブランドバックを使用する場合はぱっと見でブランドバッグとは分からない程度のものを選びましょう。

入学式で着物を着る場合のサブバッグは?

次に入学式で着物を着る場合のサブバッグについてご紹介させて頂きます。

 

着物の場合でもA4サイズの手提げのサブバッグを用意します。

 

入学式に着物で来るお母さんはいらっしゃいますが、サブバッグを風呂敷で用意する方はいません。

 

スーツの服装と同様にメインのバッグの色と合わせたシンプルなサブバッグを用意しましょう。

 

入学式や集合写真の撮影、説明など親も分刻みで動く事になるので、動きやすいサブバッグにしましょう。

最後に

いかがでしたでしょうか?

入学式は卒業式ほど厳かな式典ではないので多少カジュアルなバッグでも「サブ」なので問題はありません。

ですがしっかりフォーマル用のサブバッグを用意する母親も半数程度はいます。

ちゃんとサブバッグを用意しておくち今後ずっと使えるのでこの機会に検討してみてもいいかもしれませんね。

きちんとマナーな守り、地味でシンプル、控えめなバッグをチョイスするようにしましょう。

色は黒でも構いませんし、大きさもA4以上あれば心配ないですよ。

スポンサードリンク