「雨の日の前髪のケープってどれくらい効果あるの?」

 

汗かいた日、湿度が高い日、雨の日・・梅雨はどうしても前髪が崩れてきちゃいますよね。

 

ケープは雨の日でも前髪をがっちり守ってくれるなんてコマーシャルもやってますが・・

 

実際のところ、どんだけ雨の日の前髪にケープの効果があるのかきになっちゃいますよね。

 

という訳で今回は雨の日の前髪のケープの効果、最強の使い方、おすすめケープをご紹介します!

 

<この記事で分かること>

● 雨の日の前髪にケープは効果ある?

● ケープで前髪をセットする最強の使い方

● ケープで前髪をセットする場合におすすめは?

スポンサードリンク

雨の日の崩れる前髪にケープはどれくらい効果ある?

朝、前髪をしっかりセットしても、雨の日が続くとどうしても湿気を吸って、夕方には崩れちゃっていることが多いです。

しっかりケープを使っていても効果がないという人もいて、どうすれば一日キープできるのか悩むところですよね。

 

雨の日の前髪にケープは効果がありますがちょっとコツ必要になります。

 

よくCMなんかだとものすごい雨風に吹かれても「セットが崩れない!」みたいな事やられてますが

 

さすがに、土砂降りにあったりものすごい雨風にあえばケープをしても前髪が崩れてしまいます。

 

ただ、湿気やちょっとした雨から前髪を守ることならケープでもしっかりできます。

 

しかし、ちょっと上からバサーっとケープを振りかけただけでは雨の日の前髪に効果はあまりありません。

 

という訳で今回はわたしが色々と試してみた中で一番しっかりと雨の日でも

 

前髪のセットをキープするケープの効果的な使い方をご紹介させて頂きますね。

 

ただし、ケープも何度も付けたり、触っているとスプレー成分が固まった白い粉っぽいものが固まって見えます。

 

特に目立つ前髪が、スプレーしました!!ってアピールしたような粉がついてるとサイアクになりますので、次のやり方でも気を付けて下さいね。

 

色々と試してみて自分に合ったケープの使い方を研究するのもおすすめですよ!

スポンサードリンク

ケープで前髪をセットする!最強の使い方を紹介

という訳でケープで前髪をセットする場合に、雨の日でもかなり効果のある使い方をご紹介させて頂きます!

<準備するもの)>
・水(霧吹きでも直接でも)
・ドライヤー
・ロールブラシ
・ストレートアイロン
・26mmから32mmのコテ
・ケープ3Dエクストラキープ

 

1.まず前髪をしっかり根元まで濡らします。
ここでくせを取るためなので、表面だけではなくしっかり濡らしてください。

 

2.次にドライヤーでくせを取っていきます。
指の腹を使ってしっかり広げながらリセットするようにしてください。

 

3.大体、乾いたところでロールブラシを使ってドライヤーの弱で流したい方向へブローします。2,3度でOK。

 

4.顔横などのまっすぐにしたいところをストレートアイロンで伸ばしておきます。

 

5.前髪も内側のくせを伸ばすためにアイロンしておきます。

 

6.前髪がおでこにぴったりくっつかないように根元からくるっと巻いていきます。
まだ熱があるうちに、整えます。

 

7.その時に段ができていたら、その部分だけを薄く取ってもう一度巻いたらコームを使って大きい隙間がないように均等に整えます。

 

8.いい感じになったら、少し離したところからケープを表面にスプレーします。

 

9.ケープを指先に付けて、分け目や毛先になじませます。※ここ重要※

現役アイドルのケープでの前髪の作り方!

<準備するもの>
・ヘアアイロン
・汚れていいクシ(専用クシがおすすめ)
・ケープ3Dエクストラキープ

 

1.前髪をまず、3ブロックに分けます。

 

2.またそれを2つに分けた1つ分ずつを、細かくアイロンで巻いていきます。

一気に全部巻いていくと、不自然になったり、うまく巻けないので、面倒でも細かくブロック分けして巻いた方がきれいにうまくいきますよ。アイロンの温度は160℃から180℃です。

 

3.挟んで内側にくるんとしたら、熱があるうちに指先で流したい方向にくせ付けします。

少し冷めるまで固定しておくとしっかりくせ付けできます。

 

4.すべてのブロックを巻いたら、チェックして気になる部分をもう一度巻いて、指でくせ付けしていきます。

 

5.クシで髪の上半分側を取って持ち上げた状態で、再度クシで髪の毛の流れを整えたらケープ3Dエクストラキープをスプレーします。

少し離した場所からまんべんなくスプレーしてくださいね。

 

6.少し乾かしたら、上に持ち上げていた束を下ろします。

 

7.クシにしっかりケープを掛けて、そのクシでとかしながらセットしていきます。
これで、動いても崩れない前髪になりますが、最後にしっかり固定するためにもう一度ケープをスプレーしていきます。

 

8.顔周りなどは指に直接スプレーを付けてセットすれば完成です。

 

ケープで前髪をセットする場合おすすめ種類はどれ?

実際、もともとの髪質やくせの状態によって、使うケープの種類との相性もあります。
固めるケープだけでも4種類もあるので、好みや髪の長さ、スタイルによって使い分けしたほうがいいです。

 

3Dエクストラキープ・スーパーハード・ナチュラル&キープ・ソフトとスタイリング力の強さごとに4種類あります。

 

走っても、踊っても崩れない!を目指すなら3Dエクストラキープがいいですね。

 

前髪なら、ふんわり自然にというよりは、しっかりとキープしたいので、やはり3Dエクストラキープが最強だと思います(*^^)v

 

ケープの中でもこれだけが耐湿キープ処方というのがされているので、雨の日でも安心です。

 

もちろん汗にも強いので、走ったりする人にもおすすめです。

 

しっかりばっちり固めて崩れませんが、カチカチに固めた感にはならず、粉浮きもなくていいですよ。

 

指先にケープを付けてニュアンス感を出すと、動いても崩れないのにイメージはふんわり感が出ます。

 

前髪でもあまり、固めた感じにしたくなく、ふわっと風になびくぐらいが好みならナチュラル&キープくらいがおすすめです。

 

ニュアンス感のあるふわっと前髪に固めてくれます。

 

付け直ししても、粉浮きしにくいので、ミニタイプを持って行ってスプレーをし直す人にはおすすめです。

まとめ

前髪って髪形のカナメですよね。
髪の崩れが気になると、他のことにも集中できないですよね(>_<)
アイロンやドライヤーの熱をちゃんと利用して、しっかりくせ付けした後にケープで固定すれば、崩れることもありません。
前髪が決まると、朝から気分も上がるのでしっかりキープができるケープでヘアスタイリングして、毎日を楽しんでください(^_-)-☆

スポンサードリンク