どうもこんにちわ、カヅキです^^

今回は『歌っている時に「う」や「い」の母音が発声しずらい』

というお悩みについて元バンドのボーカリスト視点でお話せて頂きますね。^^

 

 

そもそも、原因はなんなんでしょう?

 

 

それは、口の中のスペースが

狭くなってしまっている事が原因です。

 

 

つまり、口の中のスペースを確保できれば

それで解決という事になります。^^

 

 

以外と難しい話ではないので

次の方法を試してみて下さい!

 

 

「い」の母音を出しやすくするには?

 

まず、多くの人が悩む魔の「い」です。笑

 

 

元々、「い」の母音は口をほとんど開けずに

横に開くので口の中のスペースも狭いんです。

 

 

「あ」や「お」と比べて狭いのは一目瞭然ですね。

 

 

では、どのようにスペースを確保するのかと言うと

唇を「う」の形にして発声します。

 

 

「・・ん?どういうこと・・?」

と思われた方もいたかもしれません。^^;

 

 

例えばですが、いま試しに

何も考えずに「いー」と言ってみて下さい。

 

 

どうでしょうか?

おそらく、普通に口を横に開いて・・

普通の「い」ですよね。

 

 

それを、裏声の高い声で「オペラ歌手」のような

声で「い~~」と出してみて下さい。

これは、裏声なんで結構高めに出してみましょう。

 

 

どうですか?

口の形がこの時点がすこし「う」に

近づいていると思います。

 

 

これが理想の形です。

 

 

もし、『私は口が横に開いたままだけど・・」

という方はとにかく唇を「う」の形にしてけっこう高い声で

「オペラ歌手」のように「い~」と発声してみてください。

 

 

この時に、「う~」と聞こえてしまっていたら

それは逆に唇を閉じすぎている事になります。

 

 

きちんと「い」と聞こえる程度に

唇を「う」の形にしてみてください。

 

 

さて、ここで何となく形を掴んだら

実際に歌を歌ってみます。

 

 

初めは歌いにくさも感じると思いますが

コツコツ続ける事で感覚がつかめてきます。

 

焦らず続けてみて下さい!

 

「う」の母音を出しやすくするには?

 

次に「う」の母音です。

 

 

これも口の中のスペースが元から狭いのと

元々高い音の「う」は裏声でも

唇をただ前に突き出した状態では出ないようになってます。

 

 

いま試しに「裏声でオペラ歌手のような声で」

「う~」と声に出してみて下さい。

 

 

初めは唇を前に出した状態でも

ふつうに出せると思います。

 

 

その、「う~」の音をだんだん

ギリギリまで高くしてみてください。

「オペラ歌手」のままで、ですよ。^^

 

 

顎が少しずつ下に落ちていませんか?

鏡を見ながらやってみるとよく分かります。

 

 

そうです「お」に近い形になるんです。

 

 

ですが「お」の形で「う」と出そうとするのはNGです。

聞き手には「お」に聞こえてしまいます。

 

 

なので、「顎をだんだん落として発声する」

こうする事で「う」の発声もしやすくなりますよ^^。

 

 

ぜひ、お試しあれです!

高音での解決策

 

今回は「い」と「う」をフォーカスしましたが

他にも歌っている最中に発声のしずらさを感じる

母音や子音はそれぞれあると思います。

 

 

 

「い」と「う」でなくても

高い音になれば発声がしずらい

という事はよくあります。

 

 

そのほとんどの理由が

「口を横に開きすぎている」からです。

 

 

子供の事はよく学校の先生に

「大きな口で歌おうね」と

言われたものですね、懐かしいです。^^

 

 

ですが、裏声で歌う合唱曲と

ポップスなどでは発声の仕方が違います。

 

 

「口を横に広げて大きく開く」

これはよくありません。

 

 

「口角をあげて」

「口を大きく開けて」

「口を縦にひらいて」

「喉の奥をあけて」

 

 

と言われた事のある方もいるかもしれませんが

これらはあまりよくないんです。

 

 

なぜかと言うと「普段と違う事をしようとしてる」からです。

 

 

実は、理想の発声状態とは

「普段、リラックスして談笑しているとき」

あの状態が一番理想な状態なんです。

 

 

「口角をあげて」

「口を大きく開けて」

「口を縦にひらいて」

「喉の奥をあけて」

 

 

こんな風に誰かと話す事ありませんよね。

結局、「特別な事をしようとして」

どこかに力が入ったりしてしまい

 

 

自然な働きをしようとする

筋肉の邪魔をしてしまいます。

 

 

もし、歌っている最中に

高い音などで発生や発音がしずらくなったら

 

 

私がおすすめするのは

アッチョンブリケです。

 

 

「はて・・・なんぞや・・?」

スポンサードリンク

と思われた方もいるかもしれません。^^

 

 

もし、分からなければGoogleで

「アッチョンブリケ」と検索してみてください。^^

 

 

あの某漫画の女の子ほどとまで言いませんが

口が横に開かないように両手で押さえてしまいます。

 

 

このように。

 

 

 

その状態で歌うんです。これも

「口を横に開きすぎている」

「高音で発声がしずらい」

 

 

という場合にかなり効きます。

 

 

筋肉や舌の動きを自然な方へ

戻してくれるのでおすすめです。

 

 

また、間違ったクセを取るのにもおすすめです。^^

 

 

とにかく、「いつも通りの発声」

から遠ざかれば遠ざかるほど声は

出しにくくなりますので注意してくださいね。

 

 

多くの方が高い音になればなるほど

口を横に開きすぎて自然な舌の動きの邪魔をしたり

普通ならあるはずのスペースを奪ってしまっています。

 

 

アッチョンブリケで治しましょう。^

 

 

色々な解決策をご紹介しましたが

どれも鏡を見ながら出来ると

更に効果が増すのでおすすめですよ。^^

 

 

アッチョンブリケで歌うときは

誰かに見られるととても恥ずかしいので・・

 

 

カラオケで何かオーダーした時は

店員さんが急に入ってきたりするので注意しましょう!^^

 

 

歌手は大きな口を開けているけど・・

 

そして、このような疑問も生まれると思います。

「私の好きな歌手は口を大きく開けているけど。。」と。

 

 

もし、あなたが余計な筋肉を使わず

身体に負担なく自然な発声ができるようになれば

 

 

その後に口を大きく開けて歌ってもいいですよ。^^

それはもう、自由に思いっきり!笑

 

 

ただ、潜在的に歌が上手い人の場合は

たとえ、口が大きく開いていても

舌や喉の筋肉を正しく動かせています。

 

 

これは、運動と同じなんです。

 

 

生まれつき足が速い人っていますよね。

生まれつき感がよく速い球を投げる選手もいます、

歌も、潜在的に上手い人はたくさんいます。

 

 

でも、感だけでは早く走れない。

感だけでは早い球は投げられない。

感だけでは上手く歌えない。

 

 

そういう人の方が圧倒的に多いんです。

 

 

その場合は順番を守り地道にコツコツと

感覚を掴むための練習をするしかありません。

 

 

あの選手は独特なフォームなのに

投げる球がとても速い。

 

 

だからと言ってその独特なフォームを

あなたがマネしたからといって

投げれるという訳ではありませんよね。

 

 

歌も同じなんですね。

 

 

まずは、正しく自然な筋肉の使い方を

身体に教えてあげなくてはいけないんです。

 

 

最後は難しい話になってしまいましたが。

焦らずコツコツ続けていれば

必ず上達します!

 

 

がんばってくださいね。^^

次にお腹から声を出すってどういう事?ビブラートの出し方って?

について書きました!ぜひ読んでみて下さい。^^

スポンサードリンク