どうもこんにちわ、カヅキです^^

今回は『お腹から声を出すってどういう事?』

というお悩みについて元バンドのボーカリストの視点で

お話させて頂きますね。^^

 

 

「お腹から声を出す」

・・・なんとも抽象的な表現ではありますね。^^:

 

 

私もボーカリストをしていた時に

「お腹から声を出して」と先生に言われ

頭の中がクエスチョンマークでいっぱいになった事があります。笑

 

 

これについて、誤解をされている方はとても多いです。

 

 

『お腹から声を出す』とはどういう事なのか?

さっそく、解説してみますね^^

 

 

発声の確認

 

まず、声というのはお腹から出ませんよね。

 

 

「そんな事言われなくても分かってるよ!」

と思われた方もいるかもしれません。^^:

 

 

ただ、一応再確認です。

 

 

声というのは声帯というティッシュのように薄いヒダに

息を吹きかけて振動させる事で作られています。

 

 

なので、お腹から声は出ませんね。

でも、「お腹から声を出して」という先生は多いです。

 

それについて次に確認しますね。

 

 

腹式呼吸の誤解

 

恐らく「腹式呼吸で声を出しなさい」

という表現であると考えられます。

 

 

ただ、これについて誤解されている方が多いです。

 

 

腹式呼吸を身に付ければ歌が上手くなり

高い声が出るようになる、という物ではないんです。

 

 

発声の邪魔をする原因は沢山あります。

それは

 

●首の筋肉を使っていたり

●顎の筋肉を使っていたり

●舌に力が入っていたり

 

 

そして、これらの筋肉は全く発声において

使わなくてよい筋肉なんですね。

 

 

また、そうさせてしまう原因も

人により様々あります。

 

 

「地声」を意識してしまう方や

「息を多く吐きすぎてしまう」という方や

「口を大きく開きすぎてしまう」という方や

「怒鳴りあげてしまう」方など

「声帯のテンションが適度でない」方など。

 

 

また、そうしてしまう理由も

本当に人それぞれなんです。

 

 

それらの要因が全て腹式呼吸で

発声をしたからと言って治るものではありません。

 

 

確かに、歌を歌うのには胸式呼吸よりも

腹式呼吸が適しています。

 

 

なぜなら、胸式呼吸をすると

首回りの筋肉に力が入りやすくなってしまうからです。

 

 

ですが、胸式呼吸でも潜在的に

歌が上手い歌手を私は知っています。

 

 

つまり、「お腹から声を出す」というのに

「魔法のような効果」があるわけじゃありません。

 

 

●高音が出るようになったり

●いい声が出るようになったり

●音量が大きくなったり

 

 

というのは、また別のトレーニングが必要になります。

 

 

画面越しなのであなたの「声の悩み」

について私は察する事ができませんが・・

 

 

「お腹から声をだす感覚」

というのを追い求める事にあまり意味はありません。

 

 

腹式呼吸が出来たところで

あまり発声は改善されないからです。

 

 

ただ、歌うのに適した呼吸法なので

腹式呼吸を身につける事は良い事ですよ。^^

 

腹筋をつけたほうがいいの?

 

正直、これも全くといっていいほど

歌には関係がないんです。

 

 

私も昔は歌いながら腹筋をしたり・・

そんな風に頑張っていた日々がありました。^^:

 

 

ですが、発声の時に使う筋肉の中に

腹筋は一切含まれていません。

 

 

また、歌うときにお腹の筋肉は

ほとんど使いません。

 

 

無理に腹筋を意識してしまうと

身体が緊張してしまい逆効果にもなります。

 

 

それよりも、ジョギングをしたり

基礎体力をつける事の方がはるかに大切です。

 

 

そうする事でインナーマッスル

期待上げられますのでぜひコツコツ頑張ってみてください。^^

 

 

横隔膜のビブラート?

 

これについても腹式呼吸によくある誤解です。

 

 

ビブラートというのは本来

音程の変化でつけていきます。

 

 

横隔膜を揺らしたところで

ビブラートはかかりません。

 

 

横隔膜を揺らすという表現も抽象的で曖昧ですね。

(この表現は日本人しかしないそうですね)

 

 

私の実際しているオススメの練習は

音を「あー↑あー↓あー↑あー↓」と

ゆっくりでいいので確実に上下させてから

 

 

クリック音(メトロノーム)に合わせて

それを少しずつ早くしていく練習法です。

スポンサードリンク

 

 

初めはかなりゆっくりから初めて

徐々に早くしていきます。

 

 

こうする事でビブラートはかかります。^^

横隔膜なんて難しい事は意識しなくて大丈夫です。

 

 

毎日コツコツ続ける事によって

身に付きますからぜひ試してみて下さい。^^

 

 

メトロノームが無い方でも大丈夫です。

無料のアプリがあるのでダウンロードして使ってみて下さい。^^

 

 

正しい発声って?

 

それじゃあ結局正しい発声って何なのか?

 

 

とにかく、身体の力を抜きリラックスをし

「普段、談笑している時」のような状態が理想です。

余計な筋肉に力が入っていない状態です。

 

 

そして、音程を作り出す筋肉CT

声の張り(テンション)を作る筋肉TA

 

 

この筋肉の働き・声帯閉鎖の働きが適度である事です。

 

 

 

 

「そんな事言われても・・」

という声が聞こえてきました。^^

 

 

はい、本当にそうなんです。

歌って奥が深すぎるんです。

 

 

 

そこで、私が思う事は・・

ネットに声に関する情報は沢山あります。

 

 

 

ただ、それを参考にするだけではアスリートのような

とても高い技術を身に付ける事は難しいです。

 

 

 

彼らは計算しつくされた筋肉の働きを習得し

余計な筋肉は使わず自分の体を分析し理解

そしてあの高い技術を維持しています。

 

 

例えば、「プロボクサーになりたい」と思って

ネットでトレーニングメニューを調べて

独学で日々練習を積んだからといって

そう簡単にプロデビューできるものではないですよね。

 

 

 

ジムに入会をして専門トレーナーについて

あなたの体に合わせた練習法で正しいサイクルで

練習をする事によってやっとプロデビューが出来ます。

 

 

歌も同じことなんです。

 

 

あなたがもし「本気で歌を上手くなりたい!」

 

 

そう思うならボーカルレッスンへ

通う事を私はおすすめします。

 

 

「あなたの声を分析しあなたに合った練習法」

というのを二人三脚で考えてくれる先生に師事する事です。

 

 

日本ではあまりボーカルレッスンというのは

メジャーではありませんが

 

 

海外ではギター教室に通うように・・

ピアノ教室に通うように・・・ダンス教室のように・・

 

 

幼いころから身近にボーカルレッスンというものが

ある方はとても多いですし、教室の数も多いです。

 

 

日本でボーカルレッスンに通うなんて

「プロでもないのに恥ずかしい・・」と

思う方もいらっしゃるかれません。

 

 

 

確かに、私の通っている教室は

プロの方もとても多いです。

 

 

ミュージカル、宝塚、ポップスシンガー・・。

テレビに出ている方にお会いした事もあります。

男性なのに着ている私服のなんとゴージャスな事か・・笑

 

 

 

ですが

 

 

●仕事の休憩時間に来るサラリーマンさん

●趣味で演歌を歌っているおじいちゃん

●好きな歌を自由に歌いたいから来る中学生

 

 

このように「好きだから」

という理由で来られている方も多いです。

 

 

「好きなものの上手なれ」

とも言いますし、こんなに調べるくらいに

歌が上手くなりたいし、歌が好きだと思うなら

 

 

勇気を出してボーカルレッスンへ

通ってみるのもよいと思いますよ。^^

 

 

こうして調べるあなたの気持ちがよく分かるので

少しアドバイスをさせて頂きました。

 

 

あなたが良いコーチと出会える事を

ささやかながらお祈りしていますね。^^

 

 

「別にカラオケ程度だしそんな・・」

と思うあなたは私のブログをぜひ

参考にして頂けましたら嬉しいです。笑

 

 

次に地声で高音が出ない!地声で高音の出し方とは?練習方法は?

について書きました。ぜひ読んでみて下さい。^^

スポンサードリンク