こんにちわ、カヅキと申します。^^

今回は『朝にカラオケで歌いたくても声が出ない』という

悩みについて元バンドのボーカル視点でお話させて頂きますね。

 

まず朝や寝起きというのは声帯がまだ起きていません。

というよりあなたの身体全てがまだポケ~~っとしている状態なんです。

 

例えば、朝にノートへ文字を書こうとしても

上手く力が入らずに文字が汚くなってしまう事などありますよね。

 

つまり、朝や寝起きは筋肉も脳も半分寝ていて

最高のパフォーマンスを発揮できる状態ではないんです。

 

そして、寝てる間というのは8時間近く水分を取りません。

あなたも寝起きに口や喉の感想を感じる事はほぼ毎日の事と思います。

 

なので、声帯はとても乾燥しています。

 

水分を取っても食道を通る液体が直接声帯に触れる事はないので

他の筋肉や内臓と同じように身体に吸収されてから

初めて声帯にも水分が回ってくるので時間がかかります。

 

じゃあ一体どうすればよいの?

 

 

暖かいお湯を飲む

 

元バンドのボーカリストとして最もおすすめな解決策です。^^

 

まずは声帯の乾燥をどうにかしなければなりません。

暖かいお湯で水分を取る事により声帯周辺の

血のめぐりがよくなり声帯の乾燥がかなりマシになります。

 

コップ一杯分の暖かいお湯を飲むと良いでしょう。

アツアツでなくても良いですが『フーフーしてちょうどいい』

くらいの暖かさは合った方がよいです。

 

注意すべきなのはお茶で飲まない事です。

お茶にはカフェインが含まれているので

あまり喉にはよくありません。

 

また、声帯周辺の油分も取ってしまいます。

油分による潤いを保ちたいのでここは

暖かい朝の煎茶とはサヨナラしましょう・・!

 

よく覚えていておいてくださいね。

カラオケのドリンクバーでもお茶はおすすめしません。

私は常温のお水を飲むようにしています。

 

お風呂場で声出しをする

 

よく水分を補給したところで朝お風呂にはいります。

これはシャワーを浴びるだけでも大丈夫です。

 

実は声帯の乾燥をどうにかするのに一番良いのは

加湿器を家に置くかもしくは吸入器を使う方法などです。

 

私はボーカリストだったので吸入器を持っていましたが

中々、吸入器まで買う気にはなれませんよね。

 

そこで!この朝お風呂がとても良いんです。

お風呂場の湿気や水蒸気が声帯を潤してくれます。

 

私はよく朝にスタジオで練習をしなくては

ならない日は朝お風呂で声出しをしていました。

 

そして、この声出しというのはガッツリ歌う事ではありません。

 

朝から大声で歌を歌ってしまうと

ご近所さんに聞かれてしまう可能性もありますからね。^^

 

『裏声でやさしくかるく歌を歌う』

 

これが一番おすすめです。

歌を歌うので声帯はきちんとストレッチされます。

そして、お風呂場の水蒸気の力を借りるので

そのストレッチもとてもスムーズになります。

 

ランラララランラン♪

 

こんな感じに軽くで大丈夫なんです。

 

そしてできるだけ高い声まで出して

できるだけ低い声まで出す。

 

これも裏声でよいので行って下さい。

 

 

これで、声帯の潤いを取り戻しストレッチをするまで完了しました。

スポンサードリンク

 

 

お風呂場でリップロールをする

 

・・・はて?

リップロールとは?

 

といま思われましたよね。笑

 

役者さんやアナウンサーさんや

ボーカリストに声優さん・・・

 

声でお仕事をしている人たちは

みんな知っている方法で

声帯の力をほどよく抜き血のめぐりをよくする方法です。

 

 

Youtubeで『リップロール』と検索をすると

ボイストレーナーの方が出している動画が

いくつもあるのでぜひ参考にしてみて下さい。

 

 

 

これで喉の柔軟はばっちりです。

 

あとは朝ごはんをしっかり食べ

身体全体のストレッチもしておきましょう。^^

 

『これで本当にいいの?』

と思われる方が多いかもしれませんが

 

スポーツをした事がある方なら

ストレッチの大切さがよく分かると思います。

 

朝はどうしても筋肉や脳が上手く働かず

最高のパフォーマンスができない。

 

それでもストレッチをしていれば

多少筋肉に負担をかけてもケガ防止になる事を。

 

声帯も同じなんです。

 

朝はどうしたって最高のパフォーマンスができない。

それでもしっかりウォーミングアップをしていれば

いつもより無理な歌い方をしてしまっても

声帯を痛めてしまう事への防止に繋がります。

 

またきちんとウォーミングアップする事で

声も出やすくなります。

 

ぜひきちんと行って下さいね。

 

起きてから5時間~8時間後が理想

 

極論を言ってしまうと

プロでどうしても朝や午前に歌わなければならない人以外は

できるだけ無理に朝から歌わない方がよいです。

 

声帯を痛めてしまう原因にもなりますから・・。

 

私はボーカリストをしていた時にボーカルコーチに

liveの日は自分の出番の5時間~8時間前には起きているように言われていました。

 

 

プロならいつでもどこでも

パっと声が出せるものでなければなりませんが

理想はこれだけ時間を置かなければならないんですね。

 

 

それでも練習次第でよくなる!?

 

それでも、アスリートが時差ボケで

『起きたばかりだから今はうまく3回転できないよ・・』

なんて言いませんよね。

 

やはりプロだったら

ハードスケジュールだろうと寝不足だろうと時差ボケだろうと

 

いつ、どこでどんな状況でも

すぐにパフォーマンスが出来なければなりません。

 

それについては、身体が覚えてくれるまで

コツコツと練習を重ねるしかないんですね。

 

子供の頃から鍛錬をしているアスリートと同じです。

 

私も10代の頃は午前のレッスンなどとても苦痛でしたが

いまは朝起きて1時間もすれば最高のパフォーマンスが出来ます。

 

やはり練習する事が大切です。

 

普段から練習をしていないのに

いきなり朝から声が出されるようには

なかなかならないという事なんですね。

 

 

それでも、上記の方法はプロも行っている方法で

声帯のケガ防止とストレッチにとても有効です。

 

ぜひ、やってみて下さい。

 

私は朝に一通り行い

朝ごはんを食べストレッチでもすれば

1時間でそこそこ歌えます。

 

 

あとは練習!練習!練習!

 

練習を重ねる事で本当に

自分でコントロールが出来るようになります。

スポーツと同じです。

 

 

応援してます。

頑張ってくださいね。^^

 

 

次に歌が上手くなる練習方法とは?おすすめの練習場所と練習曲は?

について書きましたのでぜひ参考にして下さい。^^

スポンサードリンク